忍者ブログ
路上観察委員会 in Dresden, Germany
Category :
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Category :


 

2007年1220日午後57分に娘のお花坊が生まれた。

出産予定日は聖ニコラウスの日(126日)だったが、頭が下りて来ていても前駆陣痛が1ヶ月前から始まっていても出てくる気配がなかったので、2週間遅れの19日午後4時半に陣痛促進剤開始となった。この点滴がクセモノで、1本終えるのに5時間かかる。しかも全く効き目はなく夜に突入したため、体力温存のために睡眠をとることにし、翌20日の朝から点滴再開。

点滴の針がずっと腕に刺さっているのは重苦しく、常になんとなく痛い。陣痛促進剤の効果のなさに医者も助産婦も困惑している。「PDA(無痛分娩)か帝王切開しかない」と言われ、緊張して鉄壁のようになっている子宮をリラックスさせる目的でPDAに。こんなもんのお世話になるつもりはなかったんだが。後遺症などが記載された誓約書に署名させられる。麻酔科の専門医が全身白衣で登場し、軽く麻酔を背中に打つと感覚がなくなり、背中でごそごそ作業をしている。「何も感じません」と言うと「そうじゃなきゃいけないよ!」と。神経にまで達するまで針を刺す。背中の上に管を這わして肩口から薬を入れるシステムらしく、針や管を固定するために工事現場のように幅広のテープをバリバリに貼られてしまう。クスリってすごい、子宮口が10センチ開いても痛みなし。破水をしてもらってようやく陣痛が誘発された。いわゆる凄まじい陣痛は最後の1時間しかなく、心の準備がないままに「う、動けない、トイレに行っておきたかったのに」という痛みの波がやってきた。

すでに20時間ほど私につきっきりの相方は「すぐ終わると思う」と言う。お産のどのプロセスにいるのかまるで理解していない私は「この痛みはいつまで続くんだい」と思ってしまう。

「はい力んでいいですよ」と助産婦に言われても、その力む感覚が分からない。やったことないことやるってこんなに大変なのかしらん。ウンチする感じ♪と、この病院で出産した友人のセリフを思い出した。

陣痛の合間の束の間に睡眠とれる自分に感心、とか思っているうちにうげぇ~来たぜ、次の陣痛。堪え性のない私は相方の手にしがみつき、彼は私の髪をひたすら撫でてくれる。

声を出すことが痛み逃しに効果があり、図にのって絶叫。久々の絶叫は結構気持ちいい。しかし、剃刀のような鋭い痛みが。会陰切開したな、と思うといきなり弱気。でもここでやめるわけには行かないのでヤケクソで頑張る。

にゅるん、と生暖かい物体がお腹の上に。めでたく終了。死なずに産めてしまった。茹で上がりのようなお花坊はびっくりしたように目をぱちくり、もぞもぞ手足を動かしている。

どーでもいいけど、ヒリヒリと痛くて顔がゆがむ。1センチ裂けたから縫合。肉が裂けるって…それを考えただけで血の気がひく。

所要時間24時間。夜11時頃、相方はガソリンスタンドでシャンパンの小瓶を買ってきて、二人で病院の一角で乾杯。

 

浣腸剤にはじまり陣痛促進剤、子宮口弛緩剤、PDA。こんなに短時間に体にクスリ入れておかしくならないことが不思議だ。

陣痛促進剤の点滴のために24時間刺していた左腕3ヶ所の針、背骨の間に刺さっていたPDAの針、1センチ縫合のあとが痛む。そして後陣痛の痛み、授乳による乳首の痛み。夢中でしがみついていたために背中一面筋肉痛。

全身傷だらけ、薬漬け。

それでも経膣出産にしがみつく現代人の「自然的なもの」への偏執性に疑問を感じる。何が「自然」なのだか分からない。人間は年中繁殖期なのだからすでに脳の繁殖プログラムがぶっ壊れていると考えると、人間は「自然」とはかけ離れているもの。そうなると、帝王切開だろうと経膣出産だろうと自然分娩だろうと無痛分娩だろうと陣痛促進剤使用だろうと、すべての議論は五十歩百歩に聞こえる。だったら、帝王切開でサクっと短時間で終えるほうがいい。もっとも、妹が「内臓を一度空気にさらすことは可能な限り避けるべき」説を唱え、なるほど納得できることではあるので考え直している次第。

特に、無痛分娩に対する異論が多いが、歯医者に行って「麻酔なしで治療をします」と言われたら誰しも驚くのではないだろうか。しかし「出産は自然に起こるもの」と言うのであれば頭痛や生理痛だって体の営みの一つであり、それに対して鎮痛剤を飲むのであるから、無痛分娩はその延長と考えられないだろうか。個人の選択に任せるのであればそれはそれに越したことはないが、神格化したような「陣痛の痛みに耐える出産」崇拝だけは勘弁願いたい。修行じゃないんだから。

看護婦に深夜たたき起こされて授乳させられながらそんなことを考えた。ついさっき会ったばかりのヒトの世話をさせられている、と感じるのは私だけだろうか。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
yoyoちゃん、おめでとう!!!!!
erika 2008/02/24(Sun)22:05:14 EDIT | RES
遅ればせながらオメデトウ♪
お久しぶり&おめでとう♪
写真、かわいいね。

goji
n_oko 2008/09/29(Mon)16:48:58 EDIT | RES
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/14 ///]
[06/08 erico]
[06/03 糸井恵理子]
[05/03 国民性による運転マナー]
[05/03 GolVarin]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
die Sonne
性別:
女性
職業:
ライター、ジャーナリスト(建築系)
自己紹介:
横浜育ち、現在ドイツのドレスデン在住。
専門分野は建築史(住宅史)。

活動
■某建築系雑誌のコレスポンダント
■ドイツ在住日本人向け情報誌ドイツ・ニュース・ダイジェストの「私の町のレポーター」のライター
http://www.newsdigest.de/news
de/content/blogcategory/115/69/

email to monsterstudio
@hotmail.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright © monster studio。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]