忍者ブログ
路上観察委員会 in Dresden, Germany
Category :
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Category :
10月の初めに2件出張が重なった。ドレスデンからハンブルグへ列車で向かってハンブルグ泊、翌日は午前3時45分起床で空港に向かい、7時発のフライトでパリに向かった。ホテルにチェックインした後に仕事を終えた。パリで2泊したが、街歩きも仕事の一部であるので積極的に無駄歩きをしてみた。
合計3泊4日の旅であったが、ハンブルグ料理やパリのビストロ料理を口にしたことはゼロ。ハンブルグでは仕事が8時過ぎに終了し翌朝早いこともあり、ハンブルグに引っかけたつもりではないがバーガー・キングでハンバーガーをテイクアウト。ホテルの部屋でテレビを見ながら食べた。
二日目の朝食はハンブルグ空港のラウンジでクロワッサンとカフェオレ。これはいたってドイツでもあり得る朝食。機内で朝食と称して出されたサンドイッチをとっておき、パリのホテルにチェックインした後に部屋で昼食替わりに食べた。2つの仕事をとりあえず予定通りこなしたのだから、何か美味しいものを食べよう!と気力はあったのだが疲労もしていた。ビストロに入ってフランス語だけのメニューと格闘して注文するのも楽しいと同時にストレスなのだ。飛び込んだのは、ホテルの目の前にある韓国料理レストラン。水餃子と石焼ビビンバを注文。ドレスデンでは美味しい韓国料理にありつけないので、これはこれで意味のあることだと自分を納得させる。
三日目の朝食はカフェでカフェオレとクロワッサン、のはずが近所のスターバックスに入った、というよりか入ってしまった。入った瞬間の匂いや空間の感覚や色彩は、さすがアメリカ発だけあって「どこも一緒」。マニュアル化とスタンダード化の徹底ぶりはパリでも健全。ドアをあけてすべり込んだ時におぼえた安心感に心身ともにラクになる感覚。「あ、いつもの感じ」。
買い物をしたり歩いたりの二日目のランチはパニーニのテイクアウト。それを休憩のつもりで帰ったホテルの部屋で食べる。夜はホテルの目と鼻の先にある「椿食堂」へ。寿司屋を思わせるカウンター席で、日本人のおじさんがオーナー。魚の味噌漬け定食、16ユーロなり。ご飯、味噌汁、漬物、ヒジキなどの小鉢が3,4皿ついてこのお値段。フツウに美味しく食事をいただけたこと、これに安堵感。
四日目の朝食は迷わず昨日と同じスターバックスへ。ここまでくれば開き直りの心境。別に悪いことしているのではないのだから「開き直り」という表現ではないのだが、どこか後ろめたさがあるらしい。ドレスデンに戻る日であったので、パリ市内から脱出するタイミングが気になるが、乗換えのあるフライトなので食事も気になる。午後7時発のフライトは国際線なので5時頃にはチェックインしなくてはいけない。4時頃パリ市内を出発しても、ドレスデン空港に到着して我が家に着くのが夜の11時頃になる。ロクな食べ物にはありつけない哀しき乗換え有りのEU内フライト。3時過ぎに椿食堂に飛び込む。ミンチカツ定食13ユーロ。小鉢も沢山つくのでお腹いっぱい!帰宅するまでロクでもない食事状況を覚悟していたので、これは大正解。
学生の頃、何度かバックパックかついでのYH宿泊1ヶ月旅行をしたことがあった。成田を出てから成田に到着するまで日本食を一切拒否した。今では成田を出発したら和食を選び、間食も迷わずおにぎり。帰国便でも同様。好奇心から、あるいは経験と称して外国モノに手を出して疲れない年頃ではなくなっている、つまり老いということ。結局、「慣れ」なのだ。年齢がつきまとうのは哀しいことなのだが、慣れを無視できなくなっている自分に今回の旅で出会った。世界中どこに行ってもマクドナルドに入り、どこのレストランでもコカコーラを注文するアメリカ人をまんざら馬鹿にもできない。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/14 ///]
[06/08 erico]
[06/03 糸井恵理子]
[05/03 国民性による運転マナー]
[05/03 GolVarin]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
die Sonne
性別:
女性
職業:
ライター、ジャーナリスト(建築系)
自己紹介:
横浜育ち、現在ドイツのドレスデン在住。
専門分野は建築史(住宅史)。

活動
■某建築系雑誌のコレスポンダント
■ドイツ在住日本人向け情報誌ドイツ・ニュース・ダイジェストの「私の町のレポーター」のライター
http://www.newsdigest.de/news
de/content/blogcategory/115/69/

email to monsterstudio
@hotmail.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright © monster studio。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]