忍者ブログ
路上観察委員会 in Dresden, Germany
Category :
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Category :

「もう大きくなっちゃってかわいくないない」と、日本大使館の方から言われたけれども。ドイツ中どころか世界中からメディアが集まり、日本でもたびたびニュースになったホッキョクグマの赤ちゃん「クヌート」に会いにベルリン動物園へ。2年前のガイドには入園料8ユーロと掲載されているのに、なんと12ユーロにもなっている。客寄せパンダここに健在。

ここで手短に説明すると…2006125日にベルリン動物園でホッキョクグマ2頭が誕生したものの、母トスカが育児放棄をしたために人工飼育されることになった。1頭はすぐに死亡したが、もう1頭のクヌートはその後順調に育った。それだけでは特に珍しくもないが、「ホッキョクグマの人工飼育は種のあり方に反するために安楽死させるべき」なる意見がでて議論が巻き起こった。確かに、2006年の暮れに、スタンドや本屋の店先にならぶ新聞の一面、および雑誌の広告がすべて子供のホッキョクグマ(それがクヌートだった)になったことがあった。住み込んでつきっきりで育てた飼育係トーマス・ドーフライン氏を「パパ」として愛情たっぷりに育ったクヌートはパパっ子になり、「トーマス&クヌート」のセット売りで大人気。20073月の一般公開前から人気があったものの、公開後は連日押すな押すなの大賑わい。入園者もメディアも大集合の満員御礼状態で、株価は急上昇するわで動物園側は笑いがとまらない。グミやぬいぐるみなどの関連商品も売れ行き好調。

チケット売り場からクヌート、入ったらクヌートのポストカードとぬいぐるみ。クヌートの看板に沿って歩けば自動的にクヌートの居場所にたどりつくシステム。

「すみません、どこにクヌートはいるのですか?」と他の客に聞こうかと思った途端、保護色のような毛皮をまとっているクヌートを発見。周囲のベージュ色の石の色と同化していたのでパっと見では見つけられない。

体重60キロを超えているので子グマというよりかは立派に動物園の動物になりきっているが、大人のホッキョクグマは体重350キロ、体長2メートルに達することを思えば、クヌートはまだまだちっちゃい。ヒグマに並ぶ、クマ科最大のサイズになるのである。

人懐っこい目。いい顔をしている。ネットで見ていた通り。他の動物園育ちの動物とは顔つきが違う。すでに赤ちゃんではないとはいえ、一躍有名になったクヌートを前にして興奮気味の入園者たち。カメラを構えてクヌートの一挙手一同をみつめている。

ドイツだけでなくヨーロッパ全体として動物愛護への関心は強いとはいうものの、安楽死の是非をめぐる議論の中心にいるというだけでクヌートがここまで愛される存在になったのではない。まず、クヌートはクマであり、子供時代のベストフレンド的存在テディベアの実写版なのだ。子供時代というノスタルジーに浸る時に必要となる小道具にリンクするという自動的な情緒回路を忘れてはいけない。さらになまじ人間になつく動物であるゆえ犬や猫のように接することができる。実際、真っ白ふわふわのコグマがトーマスさんとじゃれあったり遊んだりする姿は本当に愛くるしい。赤ちゃん誕生はどこの動物園でもあるのに、複数の条件が重なったことで一躍スターになったクヌート。人間っぽく成長しないで欲しい、というのが一般市民の「願い」だが、結局人間に育てられてなついているところに価値の本音があるという皮肉。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/14 ///]
[06/08 erico]
[06/03 糸井恵理子]
[05/03 国民性による運転マナー]
[05/03 GolVarin]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
die Sonne
性別:
女性
職業:
ライター、ジャーナリスト(建築系)
自己紹介:
横浜育ち、現在ドイツのドレスデン在住。
専門分野は建築史(住宅史)。

活動
■某建築系雑誌のコレスポンダント
■ドイツ在住日本人向け情報誌ドイツ・ニュース・ダイジェストの「私の町のレポーター」のライター
http://www.newsdigest.de/news
de/content/blogcategory/115/69/

email to monsterstudio
@hotmail.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright © monster studio。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]