忍者ブログ
路上観察委員会 in Dresden, Germany
Category :
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Category :

「そろそろアラフォーに近いしさー」と言ったら、中学校からの友人が笑いながら「いや、アラフォーだから」と言った。それをこのごろ実感する。フランクフルトのブックメッセは世界最大の規模を誇り、有難いことに二年連続出張で行くことができた。与えられたミッションは、日本で出版に漕ぎ着けられそうな本を探してくること。いうなればバイヤーだが、ブックメッセではトレーダーとして登録する。私が特派員を務める建築雑誌社も今年はブースを構え、二人の若いスタッフが奮闘。

さすがに本は人類の財産のうちでは最も古い部類に属するため、全ての国に本が存在すると言っていいだろう。ブックメッセに集う国の数は国際的な催しものの中では最大数のはず。それだけに文字通り世界中の人々に出会うことができ、「その国」に本を通じて接するいい機会である。初日の夜は国別にパーティーがある場合が多く、例えばフランスでは300個ものシャンパングラスとプチフルールがずらっと並んでポンポン!とシャンパンをあける音が贅沢に響き、ドイツではビール瓶とつまみが並んでビヤホールの風情。日本は一番ひどくてガランとしたブースに冷蔵庫、そしてパイプ椅子に座ったサラリーマンたちがプラスチックのコップに入れたビールを飲みながらつまみをつまんでいてまさに新橋のガードレール下。

ドレスデンからフランクフルトまでは飛行機で45分、当然時差はない。乗り換えもないのでラクだと思っていたのに反して今年はなんだか疲れを感じる。各出版社のブースでめぼしい本をみつけたら名刺を出して担当者と話し合いをするが、昨年とは違って出版社側の食いつきが違う。もちろん昨年も各出版者の担当者たちは丁寧に対応してくれたが、今年はどうも私に対する扱いが違う気がする。二年目ともなると勝手や交渉の流れが分かっているので余裕をもって本を物色するので板についた感じに見えるのは確かだが、年とったってことかな、と思った。ブースにもどり、「年のせいよね」と言ったら、一人が「風格が出たってことじゃないですか」。ポジに言うとそういうこと。じたばたしたって仕方がないのでどう年を重ねていこうかと思案し、いっそのこと思いっきりパリのマダム路線を狙っている。「ボンジュール、マダム」とパリで初めて言われたことは記念すべき出来事。

しかしブックメッセは疲れる。とんでもない広さとブース数なので体力的な疲れもあるが、頭が酸欠状態になる。タイトルと表紙で目星をつけるのははじめの一歩で、そして手にとって中身をチェックする時は全身で本を感じようとする。その時はとてつもない冒険をしているかのように感じる。もちろん時間も勝負範囲であるので次から次へと判断していかなくてはいけない、酸素ください。

来年も来られることを願いつつ。

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/14 ///]
[06/08 erico]
[06/03 糸井恵理子]
[05/03 国民性による運転マナー]
[05/03 GolVarin]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
die Sonne
性別:
女性
職業:
ライター、ジャーナリスト(建築系)
自己紹介:
横浜育ち、現在ドイツのドレスデン在住。
専門分野は建築史(住宅史)。

活動
■某建築系雑誌のコレスポンダント
■ドイツ在住日本人向け情報誌ドイツ・ニュース・ダイジェストの「私の町のレポーター」のライター
http://www.newsdigest.de/news
de/content/blogcategory/115/69/

email to monsterstudio
@hotmail.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright © monster studio。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]