忍者ブログ
路上観察委員会 in Dresden, Germany
Category :
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Category :

ブランドのお高いストラップ、携帯電話が埋もれるほどジャラジャラと沢山取り付けられたストラップ、ギャグを狙った笑えるストラップなどなど、携帯電話のストラップは日本ではすでにすっかり根付いた文化のようだ。天邪鬼っ気のある私はそんなケータイを横目に見ていて、買った時についてくる付属品のストラップか、あるいは所属していた大学の記念品でもらったストラップをつけるだけだった。

住み始めたドイツでケータイを持つことになった。日本に引き揚げた方より譲っていただいたNOKIAのケータイ。カラーディスプレイでもなく、画面も小さく、まるで私が97年に最初に持ったケータイのよう。

ドイツ人の多くもケータイを持つのだが、大きな違いはストラップの有無。シールを張ったりストラップをつけたり、ケータイをカスタマイズすることが大好きな日本人と違って、ドイツ人は手のひらに入る自分のおもちゃ的世界にはあまり愛情を注がないらしい。

カスタマイズといえば、年末になり手帳の来年用のレフィルを買おうとした時のこと。日本でリピートしていたメーカーのとあるシリーズに似たレフィルを求めてデパートも文房具店もくまなく探したのだが、事務用品です的な味も素っ気もないレフィルが数種類しかない。ドイツ生活も慣れてくると二言目には「日本だったら」と言ってしまう私なのだが、「日本だったら、年末の東急ハンズやロフトの文房具売り場には数百種類のレフィルや手帳がずらっと並ぶはず。外国製のお洒落なもの、キャラクターがついているもの、いろいろなデザインのものが沢山あるはずなのに」と。

要は、ドイツには「カワイイ文化」はないだけの話なのだが。ハロー・キティがついたバッグを持っている若い女性をちらほら見るし、日本のアニメのキャラクターも見るので、「カワイイ文化」が受け入れられているのは確実。しかし、いまだ手帳のレフィルにカワイイものを求めることには目覚めていないらしい。

ケータイのストラップはまったくの未開発分野。「日本には面白いもの楽しいものがいーっぱいあるのよ」という啓蒙思想の一環として、私はケータイのストラップをつけることにした。それと同時に、とかく海外にいると、己のアイデデンティティを強く意識し且つ視覚的に表現することが己を支える手段になることもあり、それも手伝ってケータイのストラップをつけることに迷いはなかった。

日本でストラップをまともに買ったことがなかった私はそのバリエのすごさに感心したのだが、「キラキラっとしていて、女のコたちがトキめいちゃいそうなやつ」をテーマに帰国した際に物色した。

取り付けてみたら、無愛想なケータイがちょっとカワイくなってくれた。コチャコチャっとディテールが凝っていてカワイイところはまさにニッポン。小さな日本を手の中に持つことで、どこかホっとする。同居人は眉をしかめながら「ゴミ」と言うが。

早速、ドイツ人の女友達に見せてみた。「ドイツにはそんなのないわ!」とちょっと興奮している彼女はミソジを越えている。「あ、私のケータイにもストラップ用の穴があるからつけられる」。感触は上々。ドイツ人もこういうの、まんざらでもないらしい。

次なる目標は、通りでドイツ人の女のコに「それはどこで買ったの?」と聞かれること。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/14 ///]
[06/08 erico]
[06/03 糸井恵理子]
[05/03 国民性による運転マナー]
[05/03 GolVarin]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
die Sonne
性別:
女性
職業:
ライター、ジャーナリスト(建築系)
自己紹介:
横浜育ち、現在ドイツのドレスデン在住。
専門分野は建築史(住宅史)。

活動
■某建築系雑誌のコレスポンダント
■ドイツ在住日本人向け情報誌ドイツ・ニュース・ダイジェストの「私の町のレポーター」のライター
http://www.newsdigest.de/news
de/content/blogcategory/115/69/

email to monsterstudio
@hotmail.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright © monster studio。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]