忍者ブログ
路上観察委員会 in Dresden, Germany
Category :
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Category :

c1ede329jpeg

私のパートナーは「ドイツ人のくせに」キノコ類が苦手で、私自身は「日本人のくせに」魚介類が苦手である。
それでもお寿司はどうにか食べられるようになり、今ではその美味しさを堪能できるまでになったが、どうも刺身は未だに自分から進んで箸をつけるレベルにまで到達できていない。
人生の楽しみの半分を失っているとよく言われるが、魚の極意を心得ている人からすれば全くその通りなのであろう。

ドイツに住むにあたって密かに心待ちにしていたことは、生魚をさばかなくてもいいということであった。
白状すると、私は魚をさばいたことがない。
世の中よくできたもので、こういう人間をドイツに送り込んだ運命に妙に感謝してしまう。日本であればさしずめ「魚もさばけない近頃の嫁」になるところだが、ここではそのマイナス点はつかないので安穏としていられる。
タンパク源は肉・魚・豆腐のように日本には選択肢が複数あり、しかもバランスよく摂取しなくてはいけませんと目標を掲げられると鬱陶しいものであるが、いざ肉しかないとなると魚が食べたくなる。
幼少期からの生活習慣というものは侮れない。複数の選択肢から順繰り摂取することを体が覚えているらしく、ハムだサラミだ鶏の胸肉だ合挽肉だと形を変えてみても肉は肉としか認識しないようである。
こう毎日肉ばかりでは健康を害していくような気分にさえなる。
デパートには鮮魚売り場が一応あるのだが、新鮮な魚が当たり前の日本人にはとても食べられるシロモノではない。
残るは冷凍魚なのだが、辞書持参でスーパーに行き、ドイツ語で書かれた魚の日本名を辞書で調べても知らない魚である場合が多く、とにかく疲れる。
写真のSeelachsは直訳すれば「海の鮭」であるが、日本名シロイトダラである。
鍋物用にフツウのタラが欲しいのだがと思いつつも、先に進まない台所の魚事情打開のために買うことにした。
調べてみたところ、シロイトダラは大西洋やバレンツ海周辺に生息しているらしい。なるほどドレスデンのスーパーにまで届くわけである。

 イヤな予感は見事的中し、紙の箱を開けたらいきなりむき出しの四角い魚が出てきた。
「日本だったら」という枕詞がつくのだが、魚はビニールにパックされているはずではないのか。資源節約のエコ包装のつもりなら尊重しよう。それにしても、この工業製品のような四角い魚は恐らく冷凍された後に箱のサイズぴったりに収まるようにカットされたのであろう。これでは本来のあるべき姿などまるで分からない。

魚への愛情の欠如、これが凍っている四角い魚と対面した時の印象であった。
太古の昔から魚と共に暮らしてきた日本人にはごく自然に魚への愛情というものが備わっており、それが魚の扱い全てに反映しているのかもしれない。
「ドイツ人の合理性」だけではどこか納得のいかない混沌とした日本人のカケラを魚嫌いの私も持ち合わせているのだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/14 ///]
[06/08 erico]
[06/03 糸井恵理子]
[05/03 国民性による運転マナー]
[05/03 GolVarin]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
die Sonne
性別:
女性
職業:
ライター、ジャーナリスト(建築系)
自己紹介:
横浜育ち、現在ドイツのドレスデン在住。
専門分野は建築史(住宅史)。

活動
■某建築系雑誌のコレスポンダント
■ドイツ在住日本人向け情報誌ドイツ・ニュース・ダイジェストの「私の町のレポーター」のライター
http://www.newsdigest.de/news
de/content/blogcategory/115/69/

email to monsterstudio
@hotmail.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright © monster studio。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]