忍者ブログ
路上観察委員会 in Dresden, Germany
Category :
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Fendiのバッグ

 
多少多お高い物を買う時にこだわるのは、時計屋の時計、革屋のバッグが欲しいということ、つまり原点になっている本業と商品が一致していて欲しい。バッグのコレクションはすでに30ほどだが、ドイツにきてライフスタイルが変化し、このごろはベビーカーを押すということで出番がめっきり減ったバッグたちが多い。このところ服もバッグも靴もひととおり満足しているが、毎日ベビーカーを押すときに使っているポシェットを新調したくなった、しかも突然。ときどき散財しないと何かが鬱積していくようである。せっかくだからエルメスのエヴリンにしよう、と思い立ったが吉日、HPを検索。高いことは知っていた、しかしこんなに高いとは。値段の単位はタイバーツかベトナムドン?そんなわけがない。エルメスのクオリティの高さは他を寄せ付けないので30万円という値段も納得がいくが、それにしても30万円出しても所詮はポシェット。この金額だったらグッチでもフェンディでもルイ・ヴィトンでも格の高いバッグが買えるではないか。
用事で行ったベルリンで、KaDeWeをみていたらうっかりフェンディに入ってしまった。黒のマンマバゲットを10年前から愛用しているし、ブランドのロゴやトレードマークの色調といった全体のエレガンスさとシックさがとにかく好きなのである。カール・ラガーフェルド恐るべし。
主力商品ではないが、ボディにいくつもかけてあったポシェットタイプのバッグの中から何やら発見、その名もmia Fendiシリーズのmia messenger。面白いベージュの色味で、mia Fendiシリーズの特徴であるロゴの上のゆるいギャザーがフェミニン。かなりの大判で22×40センチほど。ストラップの長さ調節ができてポシェット、ハンドバッグ、クラッチとして使える。そして柔らかいラムスキンで、お値段785ユーロ。清水買いに近かったが、10年ぶりにフェンディを購入。
日ごろから使うもののレベルアップを、と思っていたけれども、このバッグをしみじみと見ていると、とてもではないが日常使いとして酷使する勇気がわかない。確かにグッチのバンブーのセカンドハンドをオークションで買ったけれども、革と金具のクオリティがいいので古くなってもヘタらず、いまだに現役。革屋の一流処のバッグは値段以上のパフォーマンスをみせてくれるのは確かだが、さてはてこのバッグのお披露目はいつにしようか。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
よよちゃんw フェンディ
こちらにつづられている気持ち、よーくわかるわっ!
ライフスタイル変わると物の出番変わることも、バギーおしながらポシェットも、散財したくなるーという衝動も!!!

ぜひ、こちらのバッグを携えたよよちゃんのpicなど、拝見したいな。
erico 2010/06/08(Tue)09:39:23 EDIT | RES
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/14 ///]
[06/08 erico]
[06/03 糸井恵理子]
[05/03 国民性による運転マナー]
[05/03 GolVarin]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
die Sonne
性別:
女性
職業:
ライター、ジャーナリスト(建築系)
自己紹介:
横浜育ち、現在ドイツのドレスデン在住。
専門分野は建築史(住宅史)。

活動
■某建築系雑誌のコレスポンダント
■ドイツ在住日本人向け情報誌ドイツ・ニュース・ダイジェストの「私の町のレポーター」のライター
http://www.newsdigest.de/news
de/content/blogcategory/115/69/

email to monsterstudio
@hotmail.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright © monster studio。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]